対象者:
本人または家族・親族・ケアマネジャー・相談機関・
第三者(友人・近隣の人)などによる相談等

(1)問題の整理
相談の主訴、緊急対応が必要な問題、ケアプラン上での他の優先事項・改善点
他の地域資源やインフォーマルな支援による代替手段の可能性
本人や親族との調整の必要性と可能性

(2)対象者の状況確認
(判断能力・サービスの受け入れの可否等)

(3)ケース会議
あんど各種契約の適否、金銭管理等の援助方針およびサポート内容等に関する検討

(4)契約締結へ
判断能力に応じて、法定の後見制度を活用 または 本人と契約
生活サポート契約・賃貸借保証契約
また、金銭管理に不安がある場合には、金銭管理等援助サービス契約の締結